薬剤部|中井記念病院(奈良県大和高田市)

看護部サイトへ

薬剤部

薬剤部

薬剤部基本理念

情報を加味した安全かつ安定的な医薬品の供給

概要

現在、薬剤部では薬剤師4名(常勤 3名、非常勤 1名)が勤務しています。
2022年度 中井記念病院の重点目標である 1.業務の効率化を図り経営改善に努める2.安全・安心で質の高い医療を提供する。 3.職員が働き続けられる環境づくり(職員の定着率を高める) を基本にして、薬剤部の目標を次のように定めています。

1.医薬品の安全かつ安定的な供給
2.品質管理と在庫管理 
3.医薬品情報の収集・提供
4.適正使用の推進 
5.楽しく働ける職場環境づくり
6他部門との連携  
7.コスト意識の構築   
8.薬剤管理指導の施設基準継続と対象患者 全員の算定
今後とも、目標を達成できるように日々薬剤業務の更なる充実を図たいと考えています。

薬剤業務

情報を加味した安全かつ安定的な医薬品の供給を基本として薬剤業務を行うと伴に、調剤過誤を1つでも無くすように尽力しています。

1.医薬品の供給と情報の収集・提供

医薬品の安全かつ安定的な供給に尽力しています。特に、抗生剤等の出荷停止・調整による品切れについては、メーカーや卸と密に連携を常に取り、安定的な供給ができるように努めています。
なお、代替品の供給についても随時メーカーや卸からの情報を入手して迅速に対応しています。また、医薬品関連の情報をメーカー、卸、インターネット等から常に収集を行っています。そして、「薬剤部ニュース」により、随時関連部署に情報を配布しています。

2.調剤業務

外来については、医薬分業を実施いており、院外処方せんを発行しています。
入院については、自己管理以外の患者様は、自動錠剤分包機により、完全一包化を行い、各病棟の患者用配薬ボックスに随時セットしています。

3.注射業務

注射については、患者ごとにラベル(患者名、投与時間、注意事項等を記入)を貼り、1患者ごとに注射用カートのトレーに入れ、日々各病棟に払出しています。

4.薬剤管理指導業務

2020年4月より、常勤薬剤師が2人になり、7月に薬剤管理指導料の施設基準を取得することができました。
医師からの薬剤管理指導の依頼を受け、指導が可能なすべての入院患者を対象として薬学的管理指導を実施することとしています。

5.コスト意識の構築として、特に医薬品の廃棄を無くすように努めています。

統計関連

1.調剤関連

2021年 3月 現在
入院定期処方せん枚数 : 262枚/月 臨時処方せん枚数 : 285枚/月
院外処方せん枚数      : 1,026枚

.注射関連


入院注射処方せん枚数 : 1,562枚/月

3.在庫数及び後発医薬品率

2021年4月 現在

内服 399 外用 89 注射 272 合計 760品目
後発医薬品率(品目) : 55.3%

4.薬剤管理指導業務

2021年3月 現在
薬剤管理指導料「1」(380点)23件/月平均 
薬剤管理指導料「2」(325点)51件/月平均

受付時間

午前診
(月〜土)
8:30〜12:00
昼診
(月・水・木)
13:00〜
夜診
(月・火・水・金)
17:30〜20:00

診療科によって受付時間が異なる曜日もございますので診療担当表をご確認の上受診ください。

休診日

日曜・祝日

面会時間

新型コロナウィルス感染拡大防止のため面会禁止しております。

看護部サイト